Webサイトのポジショニング

WEBサイトの役割とは

Webサイト(ホームページ)も会社や店舗で行っている営業戦略のひとつに過ぎませんが、皆様も感じているように非常に重要な戦略(手段)の一つです。

ただ更新の為難さからなのか、更新が疎かになっていたり、FacebookページやInstagramなどのSNSをWebサイト代わりに運用されている方も多く見られます。

SNSを利用することを否定はしませんが、店名検索以外では検索に引っかかりにくかったり、そもそも経営されている業種とSNSの利用者層がマッチしていなかったりと、せっかく更新されているのに「イイね」や「アクセス数」が少ない、つまり効果がほとんど無いため、もったいないなと感じることも少なくありません。

SNSでの投稿はカテゴリーの様な塊(投稿の集まり)を作れなかったり、過去の投稿を表示させにくかったり、そもそもそのSNS自体を使っていないユーザーもいたりと、老若男女フラットに情報を届けるには役不足です。

図のように公共性の高い・オフィシャルな情報発信手段はWebサイトであり、それを補完するのがSNSやネット広告であるとDIFYは考えます。

昨今は、会社の資料としてWebサイトを印刷した物の提出を求められるシーン(法人口座の開設時など)があったり、Webサイトが無いと一般ユーザーから、会社に対して疑義の念を抱かれたりと、「無いと不都合」≒「あることが当たり前」という時代かなと思います。

Webサイト制作は難しい、もしくは高い費用がかかると思ってらっしゃる方が多いですが、無料で簡単に作ることができるGoogleサイトWixなど便利なツールが沢山あります。Wordが使えるくらいの方でも簡単に扱えるサービスですので、まだ「Webサイトを持ってない」という方や「まずは低コストで」とお考えの方はぜひ一度お試しください。弊社ではサポートも行っております。

既に「Webサイトを持っている」方や「更に認知度を高めたい」という方にはWebサイトコンテンツの見直しや拡充をお勧めします。検索でより上位にランキング(SEO)されるためには、やはり中身が重要です。当たり前の話にはなってしまいますが、質の高いコンテンツを沢山用意することが大事です。ブログでも商品情報でも構いません。極論、「とりあえずあればいい更新の無いページ」か「情報発信をし続けるページ」の2択だと思います。中途半端に、更新されていない新着情報などを掲載し続け、ユーザーに不信感を募らせるくらいなら、会社概要だけしっかり載せて新着情報の欄は無くしてしまうべきだと思います。

ソリューションは一つではなく、お客様の状況やスタッフのITリテラシーなど刻々と変わる状況の中で、様々な選択やネット戦略がその企業の成長ステージ毎にあると思います。

DIFYではコンサルティングという形で、無限にある解決策の中から、そのタイミングで必要なコストパフォーマンスの高いソリューションをご提案しております。

この記事が、皆様のWebサイトを見つめ直す・質を高める、良い機会となることを願っております。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください